本 13冊
雑学・豆知識

【12月スーパーSALE 15%OFF】 いもとようこ 大人気 絵本 9冊セット 定価半額以下 絵本

こんにちは、久松のヒサノです。
三が日が終わると今度は、春の七草粥や鏡開きなど、まだまだイベントが盛りだくさんですね!
本日は七草の節句についてお話したいと思います。

春の七草とは

からまでをお正月、松の内(まつのうち)といい、春の七草は1月7日トミカ gtr 非売品 50周年
古来中国ではは「人日(じんじつ)」の日といわれており、五節句のひとつである「人日の節句」でもあります。
人日は”人の日”という意味で唐の時代に、人日の日に「七種菜羹(ななしゅさいのかん/しちしゅのさいこう)」という7種類の若菜を入れた汁物を食べて、邪気を払い無病息災を願うようになりました。
水島新司直筆サイン色紙

日本でも、奈良時代に年の初めに若菜を摘み食べて生命力をいただく「若草摘み」という風習や、7種類の穀物でお粥を作る「七種粥」の風習が結びつき、今の七種の野草を入れた七草粥(ななくさがゆ)に変化したそうです。
現代でも春の七草、七草粥は地方で食材や食べ方など違いがあるので、各地の七草粥を調べてみると面白いかもしれませんね。

七草の種類

春の七草は、最近ではあまり見かけないものも増えてきました。
現在では、七草の時期になると七草をそろえたパックがスーパーに並んでいることがあるので、探してみてくださいね。
主に七草と呼ばれるのがこちらです。

  • 芹(せり) 香りが良い水辺の山菜。食欲増進。
  • 薺(なずな) 別称はペンペン草。
  • 御形(ごぎょう) 別称は母子草(ハハコグサ)風邪予防や解熱に効果がある。草もちの材料。
  • 繁縷(はこべら) ビタミンAが豊富で、目に良く、腹痛の薬にもなった。
  • 仏の座(ほとけのざ) 食物繊維が豊富。
  • 菘(すずな)  蕪(かぶ)のことで、ビタミンが豊富。
  • 蘿蔔(すずしろ) 大根(だいこん)のことで、消化を助け風邪の予防にもなる。

もし、見つからない時は、七種の野菜などで代用しても良いそうですよ。

【12月スーパーSALE 15%OFF】 いもとようこ 大人気 絵本 9冊セット 定価半額以下 絵本

七草粥は7日の朝に食べるといいとされています。
この日に食べるようになったのも、お正月のご馳走に疲れた胃腸をいたわり冬場の不足しがちな青菜の栄養を補給する効用もあるからといわれています。
夜の内に七草を調理しておいて、朝お粥に入れて食べるのが良いそうです。

お粥にちょっとアレンジ

お粥って、どこか味気なく感じる時はありませんか?
そんな時は、最後の1点【新品】エンポリオ アルマーニ レディース 自動巻 EA107
生姜昆布や辛子たかな、高菜昆布などちょっと加えるだけで美味しさ倍増!
ぜひぜひお試しください♪

いかがでしたか?
おせちやお酒、お雑煮など、胃腸に負担が掛かりやすいこの時期だからこそ体に気を使いたいですよね!
健康にもバッチリな七草粥。気になる方はぜひチャレンジしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こんな記事も読まれています

アイドルマスターCDセット

CHECKMATECAREER.COM RSS